スーパーで宝探し~カラダを早く治すヒケツ~

スーパーで宝探し

最近ものすごく医食同源という言葉の大切さを感じます。

バランスが取れていて、しかも美味しく食事をすることが、病気の治療や予防につながっていくという考え方です。

そこで厄介なのが、「バランスのとれた食事」というものです。

一般的には栄養学に基づいた考えなのですが、そもそもその栄養学が正しいのでしょうか?

正しいとしても、その栄養を摂るための食品は、本当にその必要な栄養があるのでしょうか?

栄養があったとしても、余計なものは含まれていないでしょうか?

健康な食事を考えるとき、大切なのは、何を摂るかではなく、何を摂らないかです。

健康食品やサプリメントに関心は向きますが、本当に大事なことは、害のあるものを食べないことです。

食品添加物や農薬など、一応国が許可を出してはいますが、本当に安全かどうかはわかりません。

動物実験では危険性が指摘されていても、お約束の「直ちに健康への影響はない」というスタンスです。

自分自身や家族を守るためには、できる限り食品添加物や農薬を避けることです。

「そんなこと言ったら、今の世の中、何も食べるものがない」と思うでしょうが、その発想を変える所から始めましょう。

何が危険で、何が安全かはインターネットで調べればすぐにわかります。まず自分で調べましょう。

スーパーに行けば、安全性の高いものはあります。

危ないものは買わないというみんなの行動が、安全性の高い食品の価格を適正なものにしていきます。

原材料の表示を確認して、余計なものが入っていない食品を探しましょう。

決してストイックにやらず、宝探しのゲームだと思って取り組んでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする