“健康”を忘れる~カラダを早く治すヒケツ~

遊ぶ子ども

「いつまでも健康でありたい」 

誰でもそう思いますよね。

その思いが強いばかりに、健康を意識し過ぎていませんでしょうか?

健康を維持したいという思いは、もちろん構わないのですが、それが病気への恐れから起こっている感情であれば、注意が必要です。

人間の潜在意識は、「病気になりたくない」「病気になりたい」の区別がありません。

「病気になりたくない」と思った時点で、「病気」というものに焦点があたってしまうのです。

あなたが健康な時を思い出してください。

おそらく健康のことは何も考えていないはずです。

病気になって、はじめて健康のありがたみがわかるのです。

病気を恐れて、サプリメントを過剰に摂ることや、まめに健康診断、人間ドックを受けることも、結果としては、病気を引き寄せることにつながります。

何事も程々がいいのです。

子供のように、ワクワクすることに夢中になって、

健康から意識をそらせてみませんか。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です