腱鞘炎・ばね指 ワンランク上の治療法

腱鞘炎・ばね指 ワンランク上の鍼灸治療

「指が痛くなり、様子をみていたが良くならないので、整形外科へ。
整形外科で理学療法、注射をしたが良くならない。
最終的には手術を勧められたが、できれば避けたい。
なんとかならないだろうか?」

「手術をしたのだが、再発してしまった。
再手術をすすめられているがどうしよう?」

そういった方の力になりたい、協力したいという思いから、
菊地鍼灸治療院では、腱鞘炎・ばね指の対策に力を入れております。

腱鞘炎・ばね指の治療はこちら

生涯学習~カラダを早く治すヒケツ~

生涯学習

生涯学習

学習というと、学生の間やってきた勉強をイメージされると思います。
しかし、学生の頃にやっていた勉強というのは、受験のための詰め込みでした。
やらされてする勉強ほどつまらないものはありません。

それが全く役に立っていない訳ではありませんが、仕方がなくやっていた方がほとんどではないでしょうか。

人間は、知的好奇心が満たされることに喜びを感じます。

自主的にやる勉強は、全く自由ですから、自分の興味のあることを追及すればよいのです。

独学に自信が無ければ、学校に行くのもいいでしょう。

損得を考えず、ライフワークとなるものを持つことは、生きがいにもつながります。

ケガや病気を治すには、忘れることが大切であることは、いつもみなさんにお伝えしていることです。「忘れよう、忘れよう」と思っても忘れられるものではありません。

自分が好んで、やりたいことをやっている時は、ケガや病気は忘れているはずです。

何か物足りなさを感じている方は、ライフワークを見つけてみてはいかがでしょうか?

ココロとカラダのつながりを理解 (ドケルバン病)

瞑想

ココロとカラダのつながりを理解
(30代女性 左ドケルバン病)

3日前から左手首に痛み。
マッサージの仕事をしており、
常に手首に負担がかかっていたと思われる。
生理不順、子宮付近の違和感もあり、女性ホルモンの乱れと考えられる。

初回の治療で、かなり痛みが取れる。

1週間後来院。
調子が良い。

4日後来院。
数か月ぶりに生理。
手は調子よい。

4日後来院。
調子よい。

6日後来院。
完治。
子宮付近の違和感も無い。

手の痛み以外にも婦人科系の疾患があり、
その背景に職場での精神的ストレスがあった。
ココロとカラダのつながりを理解し、
仕事の方向性が見えたことや、
治療の間隔を詰めたことも回復が早かった要因であったと思われる。