抜群なアドバイスの吸収力 (ドケルバン病)

鍼灸

抜群なアドバイスの吸収力
(30代女性 右ドケルバン病)

1ヶ月前から、右手が使えない。
首も異常に痛む。
以前から首は調子悪く、10年位前に腱鞘炎になったことがある。
出産し赤ちゃんを抱っこすることが多くなったことが、
今回の痛みの原因とのこと。
整形外科でレーザーやマッサージをやったが改善しなかった。

初回の治療で、痛みは取れる。
首は少し良い。

1週間後来院。
また少し痛みが戻る。

1週間後来院。
かなり痛みが取れ、普段は忘れるくらいに。

1週間後来院。
ほぼ回復。

その後連絡があり、
完治したとのこと。
きっちり毎週通院いただいたことで、
経過がよくわかり、
カラダの使い方、食生活の改善もうまくいった。
指導したことの吸収が、ものすごく良かった。

腱鞘炎に鍼灸治療は効果的でしょうか?

鍼灸

腱鞘炎の治療に鍼灸治療はおススメです。

ただし、必ず全身への施術をしてくれるところへ行ってください。

腱鞘炎は、患部のみが治療点ではありません。

カラダ全体を診て、
うまく連動できているかどうかが大事です。

その他にも、治癒力が上がるように、
全身を調整することや、
メンタル面も重要です。

部分的な施術だけでは、本当の効果は望めません。

鍼灸院によって技術の差がかなりあります。

そのあたりは、縁とか出会いによりますので難しいところです。

通いやすいかどうかを考慮して、
あとは直感を頼りにしてください。

治未病~カラダを早く治すヒケツ~

鍼灸

治未病

テレビCMでも未病という言葉は聞かれたことがあると思います。

治未病とは「未だ病まざるを治す」と読みます。

未病とは、「なんだか調子悪いな~」「この辺が気になるな~」くらいのカラダからのサインが出ている状態です。

病院に行っても、少し様子をみてみましょうと言われてしまうレベルのものです。

現代医学では、症状が出て、原因がはっきりし、病名がつかないと治療ができません。

それに対し、東洋医学では、診断即治療と言われるように、四診(望診・問診・聞診・切診)により、その時のカラダからのサインを受け止め、治療に入ります。

本格的な病気になる前に出されるカラダからのサインを見逃さないよう、いい意味で敏感になることが大切です。

健康な時は、カラダのことは忘れがちです。それはそれでいいのですが、仕事その他の緊張感から、カラダからのサインを見逃してしまいがちなのも事実です。

ヨガなどでカラダのチェックをしたり、治療院で定期的にメンテナンスをすることも、カラダからの声に耳を傾ける習慣をつける方法としておススメです。