「うつの痛み」テレビCM、抗議受け一部変更

「うつの痛み」テレビCM、抗議受け一部変更

読売新聞 2月1日(土)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140201-00000581-yom-soci

「うつの痛み」をキャッチフレーズに、製薬会社が昨年10月からテレビCMなどで続けるうつ病啓発キャンペーンに対し、医師や患者、家族から抗議の声があがっている。

CMは、体の痛みをうつ病の主症状のように伝えたが、国際的な診断基準に体の痛みはない。ナレーションが一部変更されたものの、「体の痛みで落ち込んだだけでうつ病にされる。薬を売るための過剰啓発だ」との厳しい批判は続いている。

キャンペーンは、糖尿病性神経障害の痛みと、うつ病の両方に処方できる抗うつ薬「サインバルタ」を販売する塩野義製薬と日本イーライリリーが共同で展開。頭痛や肩の痛みもうつ病の症状のひとつとして、うつ病の治療で体の痛みも治療ができると呼びかけている。

フジ虎ノ門健康増進センターの斉尾武郎センター長(精神科医)は「体の痛みを抱えるうつ病患者は多いが、うつ病が体の痛みを生むという科学的証拠はない。不適切だ」と指摘する。

抗議を受け、1月初め、「痛みといった体の症状も表れます」と断定していたCMのナレーションが、「表れることもあります」に変わった。塩野義製薬広報部は「高知大の研究で、痛みに悩むうつ病患者が多いと分かったため啓発した。しかし、体の痛みが国際的な診断基準になく、うつ病の主症状でないことは確かで、『うつの痛み』という言葉の変更を含め検討したい」と話している。

 

ちょっと問題ありだと思っていましたが。

製薬会社のキャンペーンだと、こうなるのでしょうね。

トランス脂肪酸、禁止へ

トランス脂肪酸、禁止へ=食品使用「安全と認めず」―米

時事通信 11月8日(金)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131108-00000033-jij-n_ame

【ワシントン時事】米食品医薬品局(FDA)は、摂取し過ぎると心筋梗塞などの発症リスクが高まるとされるトランス脂肪酸について、「安全とは認められない」として、食品に用いることを原則禁止する規制案を提示した。

60日の意見聴取期間と、業界が順守策を講じるために必要な猶予期間を経て、施行する。

FDAのハンバーグ局長は「トランス脂肪酸の摂取量は依然、公衆衛生上の重大な懸念を招く水準だ」と指摘。

規制により、年間2万人の心筋梗塞患者の発生を阻止し、心臓疾患による死者数も7000人減らせると強調した。

トランス脂肪酸はマーガリンなどに含まれている。

米国では2006年にトランス脂肪酸の使用表示が義務付けられて以降、使用量は減っているが、FDAはより踏み込んだ対策が必要と判断した。

 

トランス脂肪酸の危険性は、かなり前から問題となっています。

日本でも早く対策をとらなければいけませんね。

湿布のかぶれに注意(モーラステープによる光線過敏症)

あまり湿布はおススメしていませんが、患者さんの中には安心感を得るために使う人がいます。

日差しが強くなるこの季節には、湿布は充分注意してください。

特にモーラステープは気をつけて!

モーラステープを貼っている場所、もしくは貼ってあった場所に紫外線があたることで、光線過敏症(日光が当たった場所がかぶれる)を起こすことがあります。

程度には個人差がありますが、ひどくなると、かぶれを通り越してただれてしまうこともあります。

使用中および使用後もしばらくは、貼ったところを色物の衣服やサポーターなどで日光にあてないように注意してください。

もちろん湿布を使用しないのが一番安全です。