給食の牛乳中止!?

コラム

給食の牛乳を試験的に中止へ
三条市教委が4カ月限定で

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20140314100557.html

三条市教育委員会は14日までに、2014年12月から15年3月まで市内全30の小中学校給食で牛乳を出すのを試験的にやめることを決めた。同市教委は完全米飯給食で和食中心の献立にしており、正しい食習慣を身に付けてもらうのが狙い。牛乳の費用はおかずなどに回して牛乳の分の栄養を補う。

県教委によると、給食から牛乳を外すのは県内で三条市が初めて。文部科学省は「食事とのバランスで時折お茶に切り替える学校はあるが、一定期間やめるのは全国でも珍しい」としている。

同市教委は2008年から完全米飯給食で、月の半分程度はおかずを全て和食にしている。市学校給食運営委員会でも「完全米飯に牛乳は合わない」との意見が出ており、13年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に和食が登録されたことなどを勘案し、牛乳を4カ月間やめることにした。牛乳の購入費を浮かせることで4月からの消費税増税分も吸収し、給食費の値上げはしない。

試験期間中は小魚を入れたふりかけや、乳製品のデザートを出す回数を増やすなどして、牛乳で取っていたカルシウムやエネルギーを補う。子どもたちの反応や食べ残しの量を調べた上で、14年度中に15年4月以降の牛乳の扱いを決める。

三条市教委は「給食の時間以外に牛乳を飲むことも検討する。子どもたちにとって望ましい食習慣の在り方を考えたい」としている。

 

面白い試みです。

三条市だけでなく、他の自治体にも期待します。

« »