「うつの痛み」テレビCM、抗議受け一部変更

「うつの痛み」テレビCM、抗議受け一部変更

読売新聞 2月1日(土)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140201-00000581-yom-soci

「うつの痛み」をキャッチフレーズに、製薬会社が昨年10月からテレビCMなどで続けるうつ病啓発キャンペーンに対し、医師や患者、家族から抗議の声があがっている。

CMは、体の痛みをうつ病の主症状のように伝えたが、国際的な診断基準に体の痛みはない。ナレーションが一部変更されたものの、「体の痛みで落ち込んだだけでうつ病にされる。薬を売るための過剰啓発だ」との厳しい批判は続いている。

キャンペーンは、糖尿病性神経障害の痛みと、うつ病の両方に処方できる抗うつ薬「サインバルタ」を販売する塩野義製薬と日本イーライリリーが共同で展開。頭痛や肩の痛みもうつ病の症状のひとつとして、うつ病の治療で体の痛みも治療ができると呼びかけている。

フジ虎ノ門健康増進センターの斉尾武郎センター長(精神科医)は「体の痛みを抱えるうつ病患者は多いが、うつ病が体の痛みを生むという科学的証拠はない。不適切だ」と指摘する。

抗議を受け、1月初め、「痛みといった体の症状も表れます」と断定していたCMのナレーションが、「表れることもあります」に変わった。塩野義製薬広報部は「高知大の研究で、痛みに悩むうつ病患者が多いと分かったため啓発した。しかし、体の痛みが国際的な診断基準になく、うつ病の主症状でないことは確かで、『うつの痛み』という言葉の変更を含め検討したい」と話している。

 

ちょっと問題ありだと思っていましたが。

製薬会社のキャンペーンだと、こうなるのでしょうね。

変化を嫌う自分に気づく ~カラダを早く治すヒケツ~

変化を嫌う自分に気づく
病気、ケガを早く治したいと思うのに、なかなか治らない場合もあります。

ここで、少し考えていただきたいことがあります。

病気、ケガをしたことで、むしろ都合よく思うことはありませんか?

都合のいい事なんてあるわけないとおっしゃらずに、ちょっと考えてみてください。

「本当は、○○したかったけど、ケガしたから○○できなかった。でも内心ホッとしている自分もいる。」

そんな経験はありませんか?

人間は変化を嫌います。できるだけ現状を維持しようとします。
「そんなことはない、いつも変わりたいと思っている」という方もいらっしゃるでしょう。
それはその通りです。
ここで現状維持を望み、変化をすることにブレーキをかけているのはもう一人の自分です。
先ほどの内心ホッとしていたのはそのもう一人の自分です。
気持ちとしては早く治したいのに、治りたくない自分もいるのです。
自分の気持ちとは関係なく、もう一人の自分は、良くも悪くも変化に
つながる特別な状況などから逃れようとします。

「○○したい」「○○しなくてはいけない」という自分に対し、
「○○したくない」「○○してはならない」という自分もいるのです。

そんな自分を見つけてみてください。

気づいてあげることで、もう一人の自分との交流がはじまり、カラダの変化がはじまります。