給食の牛乳中止!?

給食の牛乳を試験的に中止へ
三条市教委が4カ月限定で

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20140314100557.html

三条市教育委員会は14日までに、2014年12月から15年3月まで市内全30の小中学校給食で牛乳を出すのを試験的にやめることを決めた。同市教委は完全米飯給食で和食中心の献立にしており、正しい食習慣を身に付けてもらうのが狙い。牛乳の費用はおかずなどに回して牛乳の分の栄養を補う。

県教委によると、給食から牛乳を外すのは県内で三条市が初めて。文部科学省は「食事とのバランスで時折お茶に切り替える学校はあるが、一定期間やめるのは全国でも珍しい」としている。

同市教委は2008年から完全米飯給食で、月の半分程度はおかずを全て和食にしている。市学校給食運営委員会でも「完全米飯に牛乳は合わない」との意見が出ており、13年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に和食が登録されたことなどを勘案し、牛乳を4カ月間やめることにした。牛乳の購入費を浮かせることで4月からの消費税増税分も吸収し、給食費の値上げはしない。

試験期間中は小魚を入れたふりかけや、乳製品のデザートを出す回数を増やすなどして、牛乳で取っていたカルシウムやエネルギーを補う。子どもたちの反応や食べ残しの量を調べた上で、14年度中に15年4月以降の牛乳の扱いを決める。

三条市教委は「給食の時間以外に牛乳を飲むことも検討する。子どもたちにとって望ましい食習慣の在り方を考えたい」としている。

 

面白い試みです。

三条市だけでなく、他の自治体にも期待します。

読書のすすめ ~カラダを早く治すヒケツ~

読書のすすめ

日頃本は読んでいますか?

普段読んでいないという方は、ちょっと読んでみてはいかがでしょうか。

ジャンルは何でも構いません。

習慣にするコツは、精読しようとしないことです。
場合によっては、メモを取りながら精読する必要もあるでしょうが、試験勉強ではないので、気軽に情報収集するのが大切です。

わかる方もいらっしゃるでしょうが、本の内容は毎回違うように感じられるものです。
知識が増えれば、理解の度合いも違ってくるからです。

もっと進みますと、本に書かれていないことが読み取れるようになってきます。
これは、著者の心情とか隠された意図がわかるということではなく、自分自身の頭が整理される状態です。

そういう状態になってくると、必要な知識は好きなだけ集められるようになってきます。

そうなるための有効な方法は、「同時期に複数の本を読むこと」です。

私も常に5,6冊を同時進行で読んでいます。

朝はこの本、通勤時はこの本、寝る前はこの本などという感じに読んでいきます。

ジャンルも多岐にわたると、なお有効です。

ポイントは、義務ではないので、遊び心を持って楽しむことです。

投資をしよう! ~カラダを早く治すヒケツ~

投資をしよう!

投資と言っても、株などへの投資の話ではありません。

今回お話しするのは、自分への投資です。

しかも、レバレッジ効果を利用するものです。

レバレッジとは、「レバレッジとは、経済活動において、他人資本を使うことで、自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率。」(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

今の日本は、100年に一度と言われる経済危機で、とても混乱している状態です。
それに伴って、いろいろなものから受けるストレスも強くなっており、ココロとカラダへのダメージも大きくなっています。
ダメージを受けてしまっている自分自身のココロとカラダを癒すためには、工夫が必要となります。

そこで、レバレッジ効果の話ですが、今現在の自分の力、アイデアなどだけで癒すには、限界があります。
人とかかわり、他人の力、アイデアなどを取り入れることで、そのパワーは単なる足し算から、掛け算になったりもします。

人とのかかわり方は様々です。

実際に会うことをはじめとして、書籍を読むこと、作品を観ること、製品を使ってみることなど、いろいろです。

とにかく、まずは、いろいろな世界を知ることが大切です。

なぜなら、人間は、知らないものは認識できないからです。

視野を広げることに投資をして、かけがえのないパワーを手に入れましょう。

そして手に入れたら、還元しましょう。