治療に期待をしない ~カラダを早く治すヒケツ~

カラダを早く治すヒケツ

治療に期待をしない

治療を受けに行くのに「期待をしない」とはどういうことか?
もちろん治療家は、自信を持って治療にあたります。
なのに、なぜそんなことをいうのか?

実は、治療効果を期待することには問題があるのです。

以前、「病気やケガの意味を考えよう」のところでも書きましたが、患者さんも役割があるのです。それは、病気・ケガから何かを学ぶということです。

治療の結果というものは、必ずしも期待したとおりのものとは限らないのです。
治ることのみを期待していると、すぐに治らないことに焦りや苛立ちを感じてしまうものです。
症状のある部分への執着が、治癒力を妨げてしまいます。

治療を受ける際、患者さんのすることは、単に治療を受ければいいのです。

執着をなくすことで、受け入れる準備ができるのです。
鍼の刺激、お灸の温かさなど、ただ感じてみてください。

感覚を研ぎ澄ましていると、何かがやってきます。
その何かとは、人それぞれです。まったく思いがけないものかもしれません。
そこで得たものが、「気づき」となり、パワーアップできるのです。

ちょっと複雑な話になってしまいました。
にわかには信じがたいと思うような話ですが、これはとても大切なことで、是非みなさんに心掛けていただきたく思います。

« »