病気やケガを忘れる ~カラダを早く治すヒケツ ~

カラダを早く治すヒケツ

病気やケガを忘れる

痛いところがあると気になりますよね。

でも実際は、よほどの重症でない限り、じっとしていてもずっと痛むということはないはずです。

痛むところが気になって、つい痛みを確認してしまうこともあるとは思いますが、できるだけ忘れてみてください。

何かに集中している時など、痛みを忘れてしまっていることも結構あるはずです。

“氣”をそらすという言葉もあるように、患部に意識を向けないようにしてみてください。

忘れた頃に傷が治っているということ、みなさんも経験ありませんか?

「そういえば痛くないな」「どっちの手だったっけ?」

みなさんは、臨床実験をしているわけではないので、ケガが癒えていく経過を詳しく観察する必要はないのです。

治ればいいのです。

治療の際には、そのときの病状・症状はお聞きしますが、普段はできるだけ忘れてください。

ケガ・病気への執着を無くすことで、自分自身の治癒力が高まります。


« »