日本うつ病学会が初のうつ病治療指針

コラム

日本うつ病学会が初のうつ病治療指針

日本うつ病学会は7月末、大うつ病性障害に関する治療ガイドラインを発表しました。

重症度別に治療法を提示し、軽症うつ病の診療では傾聴・共感の姿勢が重要であり、安易な薬物療法は避けるべきとしています。

ガイドライン作成委員長を務めた防衛医大病院長の野村総一郎氏などに取材し、 ガイドラインのポイントをまとめました。

 ◆日経メディカル2012年9月号「トレンドビュー」 日本うつ病学会が初のうつ病治療指針
 http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_165068_54180_6


心療内科では誤診や薬の処方ミスが問題となっています。
いい方向に行くといいですね。

« »