これができるようになった!~カラダを早く治すヒケツ~

これができるようになった!

 

「調子はどうですか?」

「あまり変わりません」

「何かできるようになったことありませんか?」

「そういえば、○○ができるようになりました。」

 

これは、いつもの治療室内でよくある会話です。

 

痛いところ、できない動作などがあると、そこに意識は集中してしまいます。

 

できないことに隠れて、できるようになったことも存在するのです。

 

できるようになったことにスポットを当てることで、自分のカラダが回復していることを意識に上げることができ、「このまま治っていきそうだ」と実感が湧いてきます。

 

そうすることで、健康回復という目的地が見えやすくなります。

 

人間はイメージすることで、自分の中の無意識にゴール設定をさせることができます。

 

これはものすごく重要なことです。

 

なぜなら、日頃の行動はほとんどが無意識によるものだからです。

 

人生は選択の連続ですが、意識的なようで、実は無意識に選択しているともいえます。

少し話が大きくなりましたが、できるようになったことに焦点を当て、元気になった自分をイメージしやすくしてみてください。