読書のすすめ ~カラダを早く治すヒケツ~

読書のすすめ

日頃本は読んでいますか?

普段読んでいないという方は、ちょっと読んでみてはいかがでしょうか。

ジャンルは何でも構いません。

習慣にするコツは、精読しようとしないことです。
場合によっては、メモを取りながら精読する必要もあるでしょうが、試験勉強ではないので、気軽に情報収集するのが大切です。

わかる方もいらっしゃるでしょうが、本の内容は毎回違うように感じられるものです。
知識が増えれば、理解の度合いも違ってくるからです。

もっと進みますと、本に書かれていないことが読み取れるようになってきます。
これは、著者の心情とか隠された意図がわかるということではなく、自分自身の頭が整理される状態です。

そういう状態になってくると、必要な知識は好きなだけ集められるようになってきます。

そうなるための有効な方法は、「同時期に複数の本を読むこと」です。

私も常に5,6冊を同時進行で読んでいます。

朝はこの本、通勤時はこの本、寝る前はこの本などという感じに読んでいきます。

ジャンルも多岐にわたると、なお有効です。

ポイントは、義務ではないので、遊び心を持って楽しむことです。

投資をしよう! ~カラダを早く治すヒケツ~

投資をしよう!

投資と言っても、株などへの投資の話ではありません。

今回お話しするのは、自分への投資です。

しかも、レバレッジ効果を利用するものです。

レバレッジとは、「レバレッジとは、経済活動において、他人資本を使うことで、自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率。」(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

今の日本は、100年に一度と言われる経済危機で、とても混乱している状態です。
それに伴って、いろいろなものから受けるストレスも強くなっており、ココロとカラダへのダメージも大きくなっています。
ダメージを受けてしまっている自分自身のココロとカラダを癒すためには、工夫が必要となります。

そこで、レバレッジ効果の話ですが、今現在の自分の力、アイデアなどだけで癒すには、限界があります。
人とかかわり、他人の力、アイデアなどを取り入れることで、そのパワーは単なる足し算から、掛け算になったりもします。

人とのかかわり方は様々です。

実際に会うことをはじめとして、書籍を読むこと、作品を観ること、製品を使ってみることなど、いろいろです。

とにかく、まずは、いろいろな世界を知ることが大切です。

なぜなら、人間は、知らないものは認識できないからです。

視野を広げることに投資をして、かけがえのないパワーを手に入れましょう。

そして手に入れたら、還元しましょう。

変化を嫌う自分に気づく ~カラダを早く治すヒケツ~

変化を嫌う自分に気づく
病気、ケガを早く治したいと思うのに、なかなか治らない場合もあります。

ここで、少し考えていただきたいことがあります。

病気、ケガをしたことで、むしろ都合よく思うことはありませんか?

都合のいい事なんてあるわけないとおっしゃらずに、ちょっと考えてみてください。

「本当は、○○したかったけど、ケガしたから○○できなかった。でも内心ホッとしている自分もいる。」

そんな経験はありませんか?

人間は変化を嫌います。できるだけ現状を維持しようとします。
「そんなことはない、いつも変わりたいと思っている」という方もいらっしゃるでしょう。
それはその通りです。
ここで現状維持を望み、変化をすることにブレーキをかけているのはもう一人の自分です。
先ほどの内心ホッとしていたのはそのもう一人の自分です。
気持ちとしては早く治したいのに、治りたくない自分もいるのです。
自分の気持ちとは関係なく、もう一人の自分は、良くも悪くも変化に
つながる特別な状況などから逃れようとします。

「○○したい」「○○しなくてはいけない」という自分に対し、
「○○したくない」「○○してはならない」という自分もいるのです。

そんな自分を見つけてみてください。

気づいてあげることで、もう一人の自分との交流がはじまり、カラダの変化がはじまります。